訴訟

原告代理人または被告代理人としての訴訟は、当社の情熱です。 したがって、私どもは、ニーダーザクセン、ブレーメン、ハンブルグで裁判所に提出する前に、あらゆる種類の訴訟手続を処理し、訴訟と任命を申し出ます。

日付表現

あなたはニーダーザクセン州、ハンブルクとブレーメンの裁判所の日付で弁護士として実行する必要があるが、それでもこれらの日付を行使しない場合、我々は個別になり、利用可能な豊富かつ多彩な法医学の練習から、当社の専門知識を持つ恒久的に好きになるでしょう。

私たちが次の裁判所にかかる表現

____________________________________________________

投稿

原則として、§242 BGBに基づく情報に対する権利は、その主たる請求の前に時間制限することはできません。

BGN JUDGMENT VI ZN 222 / 16の25。 7月2017

BGB§§195、242 Be、372、812; HintG NRW§§4、22 Abs。 3

VI。 連邦裁判所の民事上院は、20の聴聞会に出席しなければならない。 6月2017議長のガルケ、裁判官のオープンホール、裁判官のDr. OehlerとDr。 ローロフと裁判官 小さな
権利のために認められた:
原告の訴えには、6の判断があります。 12のLandgerichtKölnの民間の部屋。 2016がキャンセルされることがあります。 この判決は、控訴裁判所に控訴の費用を含む新しい裁判と判決のために控訴される。

Lesen SIE MEHR

__________________________________________________

雇用センターの従業員の公式の電話番号への情報アクセスはありません

雇用センターの従業員の公式の電話番号への情報アクセスの権利は、従業員の個人データの保護と同様に、権限の機能に対する脅威となる可能性があります。 ライプツィヒの連邦行政裁判所は今日、決定した。

情報自由法を引用している原告は、ケルン、ニュルンベルク市、ベルリン・ミッテ、ベルリン・トレプトゥー=ケーペニックの被雇用者雇用センターのサービス電話番号へのアクセスを求めている。 これらの雇用センターの従業員は、顧客が電話で直接連絡することはできません。 電話は、電話番号が一様である特別に設定されたサービスセンターによって、それぞれのケースで回答されます。

原告が主張している主張が依然として争われている限り、上訴事件における訴訟は成功しなかった。 これに対して修正された改正は、連邦行政裁判所によって却下された。

Lesen SIE MEHR

__________________________________________________

民事裁判所の口頭審理(口述の原則、秘密裁判所の禁止)は、

§128法則の原理 手続き

(1) 当事者は、裁判所の口頭で争いを口頭で交渉する。
(2) 訴訟状況の大幅な変更の場合にのみ取り消すことができる当事者間の合意により、裁判所は口頭手続なしで決定することができる。 それはすぐに嘆願書を提出することができる時間と発表する決定日を決定します。 口頭審理のない決定は、当事者間の合意から3ヶ月以上経過しても認められません。
(3) 費用のみを決定しなければならない場合は、審問なしに決定することができます。
(4) 判決ではない裁判所の判決は、別段の定めがない限り、口頭審理なしに行うことができる。
__________________________________________________

§78 ZPOの信頼性向上

(1) 地方裁判所と地方裁判所の前に、当事者は弁護士に代理されなければならない。 司法法に入門法の§8に基づいて国に設立された至高の地域の裁判所で、その後、関係者はまた、その前に、弁護士で表現しなければなりません。 連邦裁判所の前に、当事者は、連邦裁判所の弁護士に登録弁護士で表現しなければなりません。
(2) 当局および公法の法人が休業有資格審査員または従業員の従業員を雇ってアピールするために、参加することによって含め、公共の法律に準拠他の機関や団体を判断する資格ができ、その公務の合併を実行するためにそれらによって形成され含みます形成され、公開タスクの合併を満たすために、それらを表現すること。
(3) これらの規則は、委任又は要請された裁判官の前の手続及びレジストリ係の前に行われる手続には適用されない。

(4) 1および2のパラグラフに従って弁護を受ける資格のある弁護士は、自分自身を表すことができます。

__________________________________________________

法的な指示を保証するための事実上の地方の管轄規則ERS

原則として、法律裁判官がいずれかの当事者または両者による操作を回避し、商取引の適切な分配を確実にするために、法は原告がどのような第一審の裁判所を厳密に定めている。

a)管轄区域

実質的な管轄権は、地方裁判所または地方裁判所が第一審の裁判所として管轄権を有するかどうかである。 この規制は、GVGで再び見ることができます。 23 GVG条に従って地方裁判所の責任は関係なく、住宅用と古い部分からリースから生じる紛争について係争額の、ユーロを5.000までの値を持つ金銭的および非金銭的請求をめぐる紛争が含まれます。 地方裁判所は5.000ユーロ(参照。71 GVG条)を超えたすべてのアクションのために他のものの間で責任があります。 責任の値の計算は、今§§1 FF。ZPOで再び彼自身を見つけます。 非管轄裁判所が召集された場合、訴訟は容認できないものとして却下されるべきである。 ただし、裁判所は事前に当事者に通知しなければなりません。 その場合、原告は照会を申請する選択権を有する。 これは別の方法でも行うことができます。 このような申請の場合、地方裁判所に弁護士はいません。 その後、裁判所は管轄裁判所を指します(§281 ZPO)。 この参照はバインディングです。 裁判所は、参照がなされた費用を決定する。

排他的な管轄権が存在しない限り、当事者は裁判所の合意の選択により公平な管轄権を有する裁判所に呼び出すことができる。 被告はまた、rügelosに関与することができます。 地裁前に、しかし、それは管轄の裁判所によって指摘されなければならない(504 ZPO条)。

__________________________________________________

民事訴訟における判決に対する控訴および控訴

地方裁判所および地方裁判所の判決は、原則として上訴によって攻撃される可能性があります。 次に高等裁判所は判決を審理する。 ただし、少なくとも600ユーロまたは第一審で決定した裁判所の裁判で敗北した場合、控訴は容認されます。

注意:いわゆる第1のデフォルト判決であれば、上訴は認められません。 代わりに、2週間以内に控訴することができます。 異議についてはこれまでの管轄裁判所自体を決定する。

地方裁判所の判断に対する控訴は、地方裁判所に宛てられます - 家庭裁判所の判決を除きます:常に高等裁判所管轄権があります。 地方裁判所の判決は、地方裁判所によって審査されます。

Lesen SIE MEHR

__________________________________________________

弁護士は、§§45 ff。RVGに基づく報酬決定手続にあります。VAT払い戻しのための州財務省に対するノークレーム

アソシエート弁護士は、§§45 ff。RVGに基づく報酬決定手続きにおける付加価値税の払戻しのために、Landeskasseから補償を請求する権利がありません彼が代理する当事者が入力税を控除する権利がある場合。

Lesen SIE MEHR

__________________________________________________

自らの請求に基づく債権者委員の解任

ここであなたは3の決定に来る

__________________________________________________

20.4.05の破産裁判所による申請で、債務者の資産に関する破産手続が開かれました。

__________________________________________________

破産手続:住宅ローン債権者に対する責任

破産手続:住宅ローン債権者に対する責任

 
__________________________________________________

債務者の資産に対して破産手続が既に開かれている場合、既に破産している資産に関する手続の開始の申請は拒否されます(§35 InsO)。

__________________________________________________

破産法:生命保険の引渡価額とは別の満足感はない

死刑に対する生命保険請求の割当には、降伏価額も含まれます。

__________________________________________________

破産手続における事業契約

債権者の請求は、開かれる前に起訴された場合、すでに破産財産に該当します。 2)意図的に許可されていない行為に対する主張もまた、破産手続に参加する。

__________________________________________________

破産管財人:他の破産手続における横領にもかかわらず補償請求

破産管財人は、他の破産手続において横領を犯したため、義務違反を犯していない破産手続における報酬の権利を失うことはない。

__________________________________________________

倒産管理手数料:資産の追加および課徴金の徴収

教育と分泌権限を持つ資産は一時的な管理者は彼らとかなりの程度を扱っていることを提供し、1 4 I InsVV条に従って資産に追加されるべきです。 借方資産に関連する重要な活動のみが追加料金で考慮される。

__________________________________________________

倒産管理手数料:「業務継続」および「業務移転」の金額

状況に応じて、17%の「ビジネスの継続」と10%の「ビジネス・転送」の点で報酬の増加が真であってもよいです。